テーマ:薬用昆虫各論甲虫類

ゲンゴロウを食べると、色白に、美人になる?

ゲンゴロウの薬用効果    第72回 ゲンゴロウを食べると、色白に、美人になる? ゲンゴロウは生薬名としては竜虱(リュウシツ)といいます。 竜の虱(しらみ)というわけです。 なるほど、竜ほどの大きさにつくシラミは、 ゲンゴロウ位の大きさがあってもいいでしょうし、 ゲンゴロウには、竜に似た髭がありますね。 「竜虱(リュウシツ)」 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミキリムシの薬効  その2

カミキリムシの薬効  その2 第66回 「本草綱目」で、李時珍は、こう述べています。 この虫には、八の字のような黒い(触)角がある。 水牛の角(ツノ)に似ているので、名付けられた。 「本草綱目」には、蘇東坡の詩が引用されています、 水天牛詩 「両角徒自長、 空飛不服箱。 為牛竟何益、 利吻穴枯桑。」   意訳 「二つの触覚は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空とぶ牛、天牛。カミキリムシの薬効  その1

カミキリムシの薬効  その1 第65号 カミキリムシの漢名は、天牛です。 触角が、何となく牛に似ていて、空を飛ぶから天牛と、よんだのでしょう。 幼虫は、桑ト虫といい、成虫は天牛といいます。 幼虫、成虫ともに、薬用とされます。 生薬としては、成虫と幼虫は、別扱いです。 写真は、桑ト虫のトの字。 難しい字でしょう。 書けといわれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九竜虫 その1

九竜虫 その1 九龍虫は効くか? 九竜虫は、一時日本で一世を風靡した虫です。 Palembus dermestoides、   和名はキュウリュウゴミムシダマシ。 体長6ミリほどの小さい甲虫です。 中国では、洋虫ということが多いようです。 外洋より入ってきた、といことが名称の由来のようです。 また、日本から再導入して、養殖している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more