テーマ:救民妙薬

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その7

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その7     第48号 102.乳癰(よう)(チノメの事) (チノメとあるが、癰は化膿性疾患だから、乳房の化膿性疾患ということになる。) ◎ヤマメという魚を、擦り付けると良い。黒焼きにしても付ける。 ◎カイコの糞を粉にして、水で溶いて、つけるとよい。 103.痢病、アカナメの事。(痢病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その6

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その6     第45号 82.打ち身の薬。 ◎ニカワを溶いてつけると良い。 ◎フナまたはドジョウを、擂り潰して、つけると良い。 83.接骨(ほねつぎ)の薬。 ◎ヤママユを黒焼きにして、粉にして、   山芋を生ですったものと混ぜ合わせ、柳の皮で巻くとよい。 84.小児の五疳(5種類の疳というこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その5

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その5     第43号 64.下腹部の痛み。 ◎アオサギの頭、羽、足を取り除き、黒焼き粉にして、お湯または酒で服用する。 65.扁桃腺炎を治す。 ◎赤トンボを乾して、粉にして、喉に吹き入れれるとよい。 66.喉が腫れて痛むには、 ◎ヤママユの黒焼きを絹に包み、それを口に含むとよい。 67.歯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その4

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その4     第41号 45.クサとカサ(吹き出物)。 ◎タニシを黒焼きにして、髪の油で 溶いてつけると良い。 ◎竹の虫(多分、蛾の一種の幼虫)の糞を粉にしてつけると良い。 46、すねくさ(ガンガサ:痒疹性の強い皮膚病)の薬 ◎雁の糞を焼いて、ゴマの油で溶いて、つけると良い。 49.お灸による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その3

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その3     第39号 21、喉に刺が刺さった場合。 ◎人の爪1匁を、煎じて用いる。 ◎カラスの黒焼きを、水で服用すると良い。 ◎紙を2寸4方に切り、421方の角にノリをつけて喉に貼る。   その中に袋蜘蛛(フクログモ:不明)を生きたまま入れ、中で動くようにする。   二時(ふたとき:4時間)位た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜘蛛の糸の薬効。クモの糸は、止血の特効薬。

蜘蛛の糸の薬効 第38号 蜘蛛そのものが薬用になるだけではなく、 蜘蛛の糸も薬用になります。 主に止血です。 「本草綱目」には、蜘蛛の項の後ろに、 蜘蛛の網(巣、糸)について、少しだけ記載されています。 主治:疣贅(ユウゼイ:イボやコブ)に巻き付けると、7日で消え落ちる。     効果がある。 疔癰(できもの、化膿性の)の毒、刃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その2

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その2    第37号 以下に挙げたのは、「救民妙薬集」の虫類薬・動物薬のみです。 抜粋して現代文に訳したのを、記します。 119処方で、全体(397処方)の約3分の1です。 しかし、これだけからも、編纂の意図である、  手に入りやすい、簡便な処方であることが、うかがえましょう。 虫類薬・動物薬が、意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more