薬用となるウミウシの種について

薬用となるウミウシの種について  ウミウシの項 追加    第54回 海牛を、薬用とするのは、きわめて少ないようです。 資料が、少なく、NET上でも、見付かりません。 「虫類中薬与臨床」の他には、わずかに、本草学の古典(清代なので、比較的新しい)である「本草綱目拾遺(清。趙学敏)」に、 海牛の項がありましたので、紹介します。 しかし、…

続きを読むread more

「海のゴキブリ」「フナムシ」の、薬用効果

フナムシの薬用効果 第68号 「海のゴキブリ」「フナムシ」の、薬用効果 「フナムシ」のことを、中国語では、「海ショウロウ」(虫+章、虫+郎)といいます。 ショウ(虫+章)ロウ(虫+郎)は、ゴキブリのことですから、フナ虫は、「海ゴキブリ」ということになります。 また、英語では、Wharf  roach(ワーフローチ:埠頭、…

続きを読むread more

メマイ、耳鳴りには、ヤドカリが効く。

ヤドカリの薬効 第67号 メマイ、耳鳴りには、ヤドカリが効く。 ヤドカリは、生薬名では、寄居虫(ききょちゅう)といいます。 虫という字が入っています。 また、ヤドカリは、カニとエビの中間の形をしています。 蟹(カニ)にも蝦(エビ)にも、虫偏がありますね。 ということで、今回は、ヤドカリを取り上げました。 「動物本草」(楊…

続きを読むread more

カミキリムシの薬効  その2

カミキリムシの薬効  その2 第66回 「本草綱目」で、李時珍は、こう述べています。 この虫には、八の字のような黒い(触)角がある。 水牛の角(ツノ)に似ているので、名付けられた。 「本草綱目」には、蘇東坡の詩が引用されています、 水天牛詩 「両角徒自長、 空飛不服箱。 為牛竟何益、 利吻穴枯桑。」   意訳 「二つの触覚は…

続きを読むread more

空とぶ牛、天牛。カミキリムシの薬効  その1

カミキリムシの薬効  その1 第65号 カミキリムシの漢名は、天牛です。 触角が、何となく牛に似ていて、空を飛ぶから天牛と、よんだのでしょう。 幼虫は、桑ト虫といい、成虫は天牛といいます。 幼虫、成虫ともに、薬用とされます。 生薬としては、成虫と幼虫は、別扱いです。 写真は、桑ト虫のトの字。 難しい字でしょう。 書けといわれた…

続きを読むread more

現代日本で使用されている動物系生薬のリスト その2

現代日本で使用されている動物系生薬のリスト その2 松浦漢方のリスト 松浦漢方は名古屋の漢方薬のメーカーでもあり、生薬の問屋でもあります。 そことも取引があるので、 松浦の小分け生薬・粉末薬品の相場表というのが、 手元にあります。 要するに、生薬は天然物なので価格が変動するということですね。 また この価格が小売店に対する卸値であり、…

続きを読むread more

ゴキブリ  その5。二千年の歴史ある、ゴキブリの薬用。

ゴキブリ  その5 「大黄シャ虫丸」の1   第60号。 日本唯一の薬用昆虫・虫類のサイト。 ゴキブリが薬になるらしい、ということは、 今日初めて、このブログを読む方でも、 なんとなく聞いたり、見ていたりしているでしょう。 「しゃ虫」という名で、サツマゴキブリの仲間が古くから薬として用いられて来ています。 「シャ虫=サツマゴキブリ…

続きを読むread more

アリの養殖で詐欺

アリの養殖で詐欺事件    第59号 このブログの読者であっても、昆虫の薬用、食用について、本とかな?と、思っているのでは、ありませんか。 でも、こんなに有望な産業ですよ。日本じゃないけど。 2006.11.25の Japan Times に、「アリの養殖でサギ」という記事が、掲載されていました。 北京発ロイター電 中国東北部のあ…

続きを読むread more

「中国薬用黒アリ」の形態

アリの薬用効果その他  その4   第56号 「中国薬用黒アリ(凝黒多刺馬蟻 )」の形態 「中国薬用黒アリ」については、 日本国内に、日本語の文献が、あるのかないのか、 不勉強なのでわかりません。 しかし、知られていないとして、 「中国薬用黒アリ(凝黒多刺馬蟻 Polyrhachis vicina)」について、 いくつかの資料を突き合…

続きを読むread more

薬用アリの主流は?

アリの薬用効果その他  その3    第52号 薬用アリの主流は? 「中国薬用黒アリ(凝黒多刺馬蟻 Polyrhachis vicina)」 現在、もっとも広く薬用、食用とされているのは、   Polyrhachis vicina Roger   凝黒多刺馬蟻(ギョウコクタシバギ。niheiduocimayi、ニヘイドゥオツマイ)…

続きを読むread more

黒アリの薬用効果 

アリの薬用効果その他  その5 黒アリの薬用効果  第57回 先日、知人が雲南省の文山州に行って来ました。 雲南省は、中国南部の辺境で、さらに文山州は、 雲南の中でも、辺境で、広西と隣り合っていて、 またベトナムにも近い場所です。 ほんの少し前までは、少数民族の天地でした。 雲南省の文山は、三七(田七ということが多い)…

続きを読むread more

アリの薬用効果その他  その1

アリの薬用効果その他  その1    第46号 アリについては、情報が多く、何回かに分けて書いてみます。 始めに、薬用とされるアリの種について、書きます。 しかし、一つの種に対して、多くの別名があり、混乱があります。 また、食用にされるアリとも、一部重なりますので、 そちらについても触れます。 ある程度整理しつつ、混乱を少し残しつつ、紹…

続きを読むread more

薬用とされる蟻の種類 その2

アリの薬用効果その他  その2    第50号 薬用とされるアリの種については、退屈でしょうが、   今のところこのサイトが唯一の情報源ですから、続きを書いておきます。 今回で、種については、終わりです。 以下、ご覧のように、混乱していますが、   確認のしようが無いので、そのまま紹介しておきます。 食用にされるアリとも、一部重なりま…

続きを読むread more

.ルイ・アームストロングとゴキブリスープ

ゴキブリ  その4   第55号 またまた、ゴキブリネタです。 ゴキブリについては、いくら書いても書き足りないでしょうね。 今回は、アメリカでの薬用について。 ネット上に、The Compleat Cockroach(ゴキブリ大全とでも訳すといいかもしれません。) という本の、 Cockroaches in Medi…

続きを読むread more

アリの次はキリギリス。キリギリスは、ムクミの薬。

キリギリスの薬用効果 第51号 キリギリスは、ムクミの薬。 前回、アリについて、書きましたが、   アリとくれば、キリギリスですね。 同じバッタの仲間で、イナゴに薬用効果あるのですから、   キリギリスに何らかの効果があってもいいでしょう。 キリギリスのことを、中国語では、グオグオ guoguo (虫+国、虫+国)といいます。…

続きを読むread more

薬用昆虫。ゴキブリ その3

ゴキブリ その3     第34号 ゴキブリについては、既に2度ほど書いていますが、 今回は、いわゆる普通のゴキブリについてはついて、 書いてみましょう。 ゴキブリに関しては、書くことが多くて、あと何回かけるか解らないほどです。 生薬としてのごきぶりは、「しゃ虫」と「ヒレン」の二つに分けられます。 「しゃ虫」は、サツマゴキブリの仲間…

続きを読むread more

ゴキブリ  その2

ゴキブリ その2  昔からの 薬として使われてきた ゴキブリは、 「しゃ虫」といい、 「土鼈虫(どべっちゅう)」、「地鼈(じべつ)」ともよばれる、 サツマゴキブリの仲間です。 鼈(べつ)というのは、 鼈甲亀(ベッコウガメ)の鼈(べつ)です。 羽のないゴキブリの身体が、 鼈甲(べっこう)の甲羅に似ているから、 そういう呼称があるのでし…

続きを読むread more

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その7

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その7     第48号 102.乳癰(よう)(チノメの事) (チノメとあるが、癰は化膿性疾患だから、乳房の化膿性疾患ということになる。) ◎ヤマメという魚を、擦り付けると良い。黒焼きにしても付ける。 ◎カイコの糞を粉にして、水で溶いて、つけるとよい。 103.痢病、アカナメの事。(痢病…

続きを読むread more

海牛(ウミウシ)の薬効。インポには海牛

海牛(ウミウシ)の薬効    第47号 インポには海牛 海牛というと、海に住んでいるナメクジみたいな生き物で、軟体動物。これも薬になります。 う〜ん、なんでも薬になっちゃうな! これも、虫類薬の一つです。 「虫類中薬与臨床」より、 「本草原始」に初出。 性味帰経:性は温、味はシオカライ。腎経に帰す。 功能主治:補腎。興陽、精を固く…

続きを読むread more

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その6

「救民妙薬」の中の虫類薬・動物薬  その6     第45号 82.打ち身の薬。 ◎ニカワを溶いてつけると良い。 ◎フナまたはドジョウを、擂り潰して、つけると良い。 83.接骨(ほねつぎ)の薬。 ◎ヤママユを黒焼きにして、粉にして、   山芋を生ですったものと混ぜ合わせ、柳の皮で巻くとよい。 84.小児の五疳(5種類の疳というこ…

続きを読むread more