セミの抜け殻は、翼状片の特効薬

セミの抜け殻は、翼状片の特効薬  日本唯一の薬用昆虫のサイト。
第74回

「翼状片」という病名を、聞いたことがありますか?

翼状片は、目のふちの結膜の一部が、異常に増えて、
  次第に角膜を覆うという、病気です。
増殖した組織が三角形で、ツバサに似ているので、
  「翼状片」というようです。
以前、私の店の、お客さんで、
  目の縁から幕みたいなものが、出てくる病気になった、
  といっている方がいました。
その時は、翼状片についての知識がありませんでしたので、奇妙な病気があるもんだ、と思いました。

最近、「中国民間霊験方求真伝」を見ていて、この翼状片について、思い出しました。

翼状片は、一般的に、進行はゆるやかで、
  数カ月あるいは数年かかって初めて、角膜を侵し、
  はなはだしい場合は、瞳孔をおおい、資力に影響してきます。
通常、鼻側から、伸び始めます。
治療をする薬がなく、悪くなったら、手術をするしか、治療法がありません。

これが、セミの抜け殻で、100%治るというのですから、不思議なことです。
セミの抜け殻の生薬名は、「蝉蛻(センゼイ)」または、「蝉退(センタイ)」といいます。

「中国民間霊験方求真伝」(人民軍医出版社。1996年。張俊庭先生、張俊明先生主編)には、
このように記載されています。

処方:蝉蛻(センゼイ:セミの抜け殻)25g
用法:セミの抜け殻を、保温したカップに入れ、熱湯をそそぎ、10分間おく。お茶として、何度も服用する。

先祖伝来の処方で、1000例近い症例で、治癒率は100%であった。
出典:遼寧省庄河市中医院何改賢先生、遼寧省庄河市康復衛生院姜雲亭先生

もし、この情報が正しければ、実は大変なことなのですが。
セミの抜け殻は、全く無毒ですから、試して見る価値があるでしょう。
実行する人は、多分いないでしょうが。

飲み方と言ったって、セミの抜け殻のお茶と言った、感じでしょう。お茶がわりにすればいいんですから。簡単なんですから。