カミキリムシの薬効  その2

カミキリムシの薬効  その2 第66回 「本草綱目」で、李時珍は、こう述べています。 この虫には、八の字のような黒い(触)角がある。 水牛の角(ツノ)に似ているので、名付けられた。 「本草綱目」には、蘇東坡の詩が引用されています、 水天牛詩 「両角徒自長、 空飛不服箱。 為牛竟何益、 利吻穴枯桑。」   意訳 「二つの触覚は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more